なぜ”カラフル”という会員制倶楽部を作ろうと思ったのですか?

”Unique Ability”という創業からやってきた不動産投資会員制倶楽部があるのですが、運営しながら「この不動産会社のこんなところいいよなぁ」「こんな人がU&Aの仲間にいればもっと面白くできるのになぁ」と思う事がしばしばありました。 そうは思っても、同業者間では普段の動きや利益的なところでドロドロする機会も多く、大きな壁があるものです。

そのような環境を変えられたら面白そうだなぁという発想から、不動産会社や個人の営業マンが壁をなくしてお互いの強みを掛け合わせて活動できる仕組みを考えるようになりました。

そこで思いついたのが、”物件紹介に特化”というのをベースにした不動産投資会員制倶楽部でした。 カラフルを思いついてから、不動産会社、個人の営業マンが壁をなくして運営していく仕組みやアイデアがポンポン浮かんできました。笑

不動産会社によって独自のカラーがあり、管理が強い会社、建築が得意な会社、訳あり物件が得意等、様々です。
会社の特徴によって入ってくる案件や情報の仕入れルートも異なります。 ただの協力関係ではなく、横並びで一緒に会員制倶楽部を運営していくことによって、所属や会社という柵から開放されて我々業者サイドでは爆発的な力が発気できるようになります。

プロスポーツチームの代表選手が一つのチームにまとまり、所属チームという壁がなくなって、同じ目標(優勝)に向かって活動していくというのがイメージしやすいと思います。笑

同盟を結んでカラフルを一緒にやっていくことによって、同盟を結んだ不動産会社同士が壁をなくすという共通認識を持つようになり、会員制倶楽部を良くしていくことが共通目的になっていきます。

そのような環境ではありますので、今後、我々にはないストロングポイントを持った不動産会社や同業者に対して「会社という壁を壊して仲間にしたい」と思ったときはスムーズに事を運びやすいです。

カラフルの存在によって、同盟を結んだ不動産会社同士がお互いの強みを掛け合わせて活動できる仕組みになっているので計り知れないほどの面白さがあります。 ここまでが”カラフル”における我々不動産業者側のお話です。

ここからは”不動産投資連合国カラフル”における会員様側のお話をしていきたいと思います。
上記では「不動産会社同士の壁」というお話をしました。 これまで弊社が運営してきた不動産投資会員制倶楽部”Unique Ability”では、「投資家と不動産業者の壁をぶち壊す場所」というテーマで運営してきました。 その理由は「投資家の利益が不動産業者にとって不利益になってしまうことがある」すなわち「不動産業者の利益が投資家にとって不利益になってしまうことがある」というように、利益の関係性というところで投資家と不動産業者では相容れない関係にあり、投資家と不動産業者にも大きな壁があるからです。

また、お金というものが絡むと、その人の本性や人としての器量が垣間見られるものです。 口だけなら誰でも良い事が言えてしまいますので、”Unique Ability”では「言葉遊びでも綺麗事でもなく、会員様に儲けていただけるよう本気で動いているぞ!というのを証明する場所」でした。 創業当時から一度も信念を曲げることなく運営してきたと自信を持って言えます。

これまで弊社が運営してきた経験やノウハウの集大成として”カラフル”では、 「 不動産業者同士が所属や会社という壁を壊す場所」+ 「投資家さんと不動産業者との間にある壁を壊す場所」 というテーマで運営しています。

これまでいろいろなことに挑戦してきましたが、「これまでで一番の自信作」と言えるくらいカラフルの仕組みには自信があります。

カラフル”では何に一番力を入れていますか?

カラフルは物件紹介に特化した会員制倶楽部なので物件紹介に一番力を入れています。

世の中には不動産投資のコミュニティが沢山あり、ノウハウを学んだり、情報共有できる場というのが投資家さんの一般的なイメージだと思います。 カラフルでもノウハウや不動産投資で為になることはもちろんやります。

ただ、私はこれまで会員制倶楽部でイベント等いろいろなことをやってきましたが、会員様が一番望んでいることは「儲かる物件、良い物件を購入すること」というのが私の結論なので、不動産会社が会員制倶楽部を運営するのであれば、ノウハウよりも物件紹介に一番力を入れるべきだと考えています。

そのような考えがありますので、一般的なこと(ノウハウ、勉強会、情報共有)や不動産投資で為になることは、もちろんやりますが、雑誌の付録感覚に思っていただけたらと思っています。(だからといって、力を抜くつもりはありません)

不動産投資にはたくさんのノウハウがありますが、万人がハマるノウハウは存在しないものだと思っています。(年収等のご属性や不動産投資を始めた時期等、環境が異なりますので、、、)

ただ、その中で一つだけ言えることはあります。 「入口(=購入価格)さえ間違わなければ、不動産投資で間違えることはない」というのが私の持論です。

経験上、入口が優秀な物件を購入すれば、出口はどうにでもなりましたし、不足な事態が起きても対処ができ、ピンチをチャンスに変えることもできました。

ただ、良い物件でも一つや二つ気になるところは必ずあるものなので、「完璧な物件は存在しない」と言っても過言ではありません。 完璧な物件を購入するのは不動産会社でさえも困難ですが、入口(=購入価格)が優秀な物件を購入する事は誰にでもできます。

完璧な物件を求めるのは、自分が理想とする女性(美人orかわいい、料理上手、性格が良い、多才、実家が大金持ち、昔レディースの総長でした的な感じで気が強い)がいつか現れると信じて現実を見ようとしない私のようなものです。笑

極端なお話をしてしまえば、入口(=購入価格)が優秀な物件を購入できるのであれば、ノウハウなんて必要ないと思っています。(銀行情報や大家力は必要不可欠ですが、あくまで極端に言ったら、、、というお話です)